Home Health & Fitness テトラヘキシルデカン酸アスコルビルってどんな美容成分?
Health & Fitness - 2 weeks ago

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルってどんな美容成分?

油溶性ビタミンC誘導体配合のエイジングケア保湿クリームの写真

油溶性ビタミンC誘導体のメリットを知ろう!

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIPまたはVC-IP)という、エイジングケア化粧品成分をご存じでしょうか。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIPまたはVC-IP)とは、「油溶性(脂溶性)」のビタミンC誘導体の代表的な成分です。

ビタミンCはもともと水溶性のため、ビタミンC誘導体も水溶性のものが多く、化粧水などローションタイプのアイテムに配合されることが多い成分でした。

しかし、ここ数年、水溶性のデメリットを補ってつくられた油溶性ビタミンC誘導体が多くのエイジングケア化粧品にも配合されるようになりました

そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は油溶性ビタミンC誘導体」の記事を参考に、油溶性ビタミンC誘導体の特徴をはじめ、美肌やエイジングケア効果、またおすすめの油溶性ビタミンC誘導体配合のエイジングケア化粧品についてご紹介します。

ビタミンCとビタミンC誘導体のおさらい

油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)の説明の前に、ビタミンCとビタミンC誘導体の特徴について確認しておきましょう。

ビタミンCは、抗酸化作用があり、コラーゲンの生成のサポート、活性酸素の除去、チロシナーゼ阻害や還元作用による美白作用など、エイジングケアやアンチエイジングにとって、次のような幅広いはたらきがあります。

美白効果によるシミやくすみの改善
抗炎症作用によるニキビの予防・改善効果、ニキビ跡ケア効果
皮脂のコントロールによる毛穴の引き締め・詰まり改善効果
抗酸化作用によるお肌の紫外線ダメージなどのケア
肌のコラーゲンを増やす作用による小じわの改善
エイジングケア化粧品成分としてのビタミンC誘導体には、「水溶性」と「油溶性(脂溶性)」があります。

油溶性ビタミンC誘導体の特徴は?

油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、水溶性ビタミンC誘導体の「持続性の少なさ」と「刺激が強い」といったデメリットを補うために誕生したビタミンC誘導体です。

油溶性ビタミンC誘導体のテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、お肌に塗ってもイオン化しないので、非常に刺激性が低いのです。

だから、高濃度でも比較的安心して使えます。

つまり、油溶性ビタミンC誘導体「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)」は、安全性の高いエイジングケア化粧品成分の1つであるといえるのです。

油溶性ビタミンC誘導体はどんな肌悩みに使える?

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)には、メラニン色素生成抑制作用があるので、くすみの対策や医薬部外品なら美白化粧品としても使えます。

この効果は、メラニンをつくる酵素であるチロシナーゼの活性を阻害する作用と、できたメラニンの還元作用の2つの作用によるものです。

くすみを目立たなくすることで、肌の透明感を取り戻すことができます。

また、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)には、皮脂分泌のコントロール作用があるので、ニキビや脂性肌(オイリー肌)のケアで使えます。

さらに、肌の酸化を抑制するはたらきがあります。

そのため、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)は、コラーゲンの減少が原因となる、しわやほうれい線、たるみ毛穴などの対策やエイジングケアに使うことが可能です。

おすすめのエイジングケア化粧品は?

油溶性ビタミンC誘導体テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)を配合して、敏感肌の方でも使いやすいことを意識して開発したのが、エイジングケア保湿クリーム「ナールス ユニバ」です。

べたつかず軽いテクスチャーで、とても伸びのよい保湿クリームです。

また、刺激性成分がほとんど配合されていないので肌質を選ばず、普通肌、混合肌、脂性肌、乾燥肌、インナードライ肌、敏感肌のどんなタイプでも使えます。

もう一つ、エイジングケア世代の女性の紫外線対策にオススメのVC-IP配合のノンケミカルの日焼け止め・UV化粧下地として、ナールス ヴェールがあります。

ナールス ヴェールは、SPF40、PA+++という高いUVカット力があります。

だから、夏の季節の外出でも十分な紫外線対策が可能です。

乾燥肌やインナードライ肌ほか、敏感肌でも使える優しいタイプの日焼け止めです。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「テトラヘキシルデカン酸アスコルビVCIP)は油溶性ビタミンC誘導体」の記事を参考にして、油溶性ビタミンC誘導体の特徴や美肌への効果、またおすすめのエイジングケア化粧品についてご紹介しました。

この記事をもとに、油溶性ビタミンC誘導体の成分特性を理解するとともに、配合された化粧品をエイジングケアに上手に取り入れていただければ幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Check Also

Anti Aging and Skin Care Steps to Looking Healthier and More Youthful

Despite of the fantastic need in the market, a number of the anti ageing epidermis care pr…